朝7時から9時までのオーストラリアの通貨ペアで利食いできます

By: astrangelyisolatedplace

おすすめ副業をやる上で欠かせない外国の為替市場で、当日の最初に幕を開けるのはシドニー市場です。冬時間の場合のニューヨーク市場は日本時間の午前7時にクローズとなりそれと同時にシドニー市場が開かれます。東京市場は午前9時からなので7時から9時の間というのはシドニーとウェリントン市場だけということになります。

7時から9時の2時間は主に豪ドルや豪円、NZドルやNZ円がよく動きます。オーストラリアやニュージランドの指標は午前7時すぎから発表されることがあり、オーストラリアの政策金利発表のときはローソク足が長い棒になります。
オーストラリアはオージー、ニュージランドはキウイという名で呼ばれることもあります。

午前7時から9時の間はドル円はほとんど動かず、ユーロやポンドがたまに動くこともありますが、基本は豪円と豪ドルの取引量が多いためよく動きます。朝一狙いともいえる相場で取引するなら、シドニーの逆張りトレードを行ってみるとタイミング良く取れることがあります。

ニューヨーク市場がクローズされたあとドル高が進んでいれば東京時間の始まりの午前9時にドル売りをして、シドニーでドルが安くなっていたら9時のときにドルを買うだけで利食いを得られることもあります。午前8時から8時30分ぐらいにかけて大きく動いたとき押し目買いができます。

例外的にトレンドになって午前中いっぱい下がることがない時もあったので、オーストラリアの経済ニュースをネットでチェックするようにして不安材料や要人発言などがないか見るようにします。特に何もなければレンジなので押し目買いになります。

要人発言で景気のことについて触れて上昇した場合は戻らないことがあるので、午前9時の東京時間にさらに上昇していき止まることなくトレンドが続くこともあるので、レンジとは違う動きになっていると感じたら早めに損切りするようにします。

普段はあまり動かないでヨコヨコが続くか上下どちらかに動いて東京時間までは戻ってくることが多いです。オージーだけでなくキウイでも同じように動くのでNZドルやNZ円もチェックしておくようにします。

FXのスプレッドがドル円に比べて広いので、すぐ売買しても儲けが少ないので押し目買いできるところまで待ってから注文を入れた方がいいと思います。

この投稿は2016年7月28日に公開されました。

東京時間からロンドン時間にかけてのFXは株価にも注目した方がいいです

By: OliBac

東京市場が開かれている間のFXはドル円を中心に動いてきますが、日経平均がどのように動くかでドル円の動きが変わってきます。中国市場の株価でもドル円が動くことがあるので、FXのチャートだけでなく株価のチャートを日本と中国両方見れるようにしておくと臨機応変に対応できます。

東京時間は午前中活発に動いたあとは後場に入ってほとんど動かない状態が続きます。日本の経済指標が発表されるときは指標前まで全く動かないときもあります。

12時から12時30分ごろに日銀がコメントすることがあり、そのときは雇用統計のようにドル円が大きく動くことがあるので、東京市場が開かれている時間帯に取引するときは経済カレンダーなどを見て指標内容を確認するようにします。

日銀のサイトでも総裁の予定が書かれているのでチェックするようにしておくと急な動きに対応できます。

14時30分から15時ごろのドル円のチャートは思ったより動かないです。以前は日本の株式市場が終わる15時にかけてドル円も大きく動くのではないかと思っていましたが14時30分から15時までだったら横ばいのチャートになることが多いです。日経平均が大きく動いてるときは例外的にドル円も大きく動くことがあります。

15時すぎになると日経平均の終値が出るので前日と比べてどれくらいの差があるか見ておくようにします。極端に日経平均が悪いとアジアやヨーロッパの株価も悪くなるので為替にも影響を与えてきます。

ロンドン市場が開かれる時間になると流れが変わってきます。16時や17時の時報とともに売買が活発になることもあれば10分前あるいは10分後に大きく動いてくることもあります。

アメリカ市場が開かれる時間までロンドン市場の動きに従ってポジションを取るようにした方がいいです。

FXを始めた頃はポジションを取ろうとしている通貨のチャートしか見ないことが多かったですが、世界の株価が見れるサイトがあるので、株の動きも警戒しながらFXをするようにした方がいいと思います。

この投稿は2016年7月15日に公開されました。

ショートかロングどちらか一方だけを専門に投資する方法

By: Golden Owl

FXはショートとロングしかないのでどちらか片方だけの投資をし続けて勝つという方法があります。ショートやロングを繰り返しているとチャートに振りまわされやすくなってしまうのでショートならショート専門に投資を行っていく方が状況を把握しやすくなります。

ショート専門にやっている投資家は実際にいます。ショート専門にやっている人はロングしたいところでもじっと我慢をしています。ローソク足を見て下がると思ったところでショートして利益を出しています。

ショート専門にやっている人がロング方向にチャートが動いたらどうしているかというとタイミングが来るまでずっと待っているわけです。FXはすぐにエントリーするより我慢する方が大切なので市場に振り回されないためにもしばらく様子を見てエントリーするタイミングを掴みます。

タイミングを待ちすぎて乗り遅れた場合は、そのときは手を出さないと決めておくべきです。乗り遅れたバスには乗らないという投資スタイルを貫くことで無駄なトレードを減らせます。

チャートでいつも振り回されてる人はショート専門あるいはロング専門に投資するスタイルに変えていくと勝率が上がると思います。ルールは絶対守るようにしてどちらか片方のみ淡々とエントリーを続けていけば楽しみながら投資できます。

上か下か迷いながらポジションを取るとストレスも溜まってきてしまいます。ロングできる状態なのにしないというのは他から見てもったいない気もしますが、勝てるときだけショートしていけば利益は乗ります。ショートのタイミングが早すぎたら損切りしていけば良いわけですからロングかショートどちらか片方の専門家になるのは勝ち組になるためにも有効だと思います。

どうしても反対方向にポジションを取りたいときはデモトレードで様子を見るようにすると良いと思います。ショート専門だけどロングでも行けそうならロングしてもいいと思いますが、結果的に振り回されてしまうようならずっと我慢をしてショートしても大丈夫なところでエントリーした方が流れに乗れます。

この投稿は2016年7月3日に公開されました。

FXは損切りをどのようにしていくかで勝敗が大きく変わってきます

By: new 1lluminati

FXは損切りさえできれば勝てるといわれています。損切りしないでいつまでも持っていると全損するという結果になりかねないので損切り設定はしておいた方が良いです。勝つトレードを身に付けるのは大切なことですが損切り設定するというのも大事な要素です。

FXで損をするときはトレンドとレンジを勘違いしてしまうときです。ロングしなければならないのにショートしてしまいチャートはまだ上昇を続けていくということも珍しくありません。

もしエントリーしたのと逆に動いてしまった場合は早めに損切りをすることです。損切りして良かったというのと損切りしない方が良かったというのとどちらが多いかというと、損切りして良かったという方が多いです。

売買するときに自信があってもエントリーしたときは必ずストップも忘れずにしておくと良いと思います。損切りしたときに欲が出るとここで損切りしなければ良かったのにと思うかもしれないですが、トータルで見たときは損切りした方がプラス収支になっていくので、何pips動いたら決済して次の波がに備えるという投資スタイルにした方が結果がついてきます。

株でもFXでも損切りするのは大切なことで誰しも100%勝ち続けるのはむずかしいわけですからプライドを捨てて損した方向に動いてるときは思い切って決済することが大切です。失ってからでは投資金が少なくなるわけですから、傷が浅いうちに思い切って損切りすべきです。

損切りは投資金の何%にすれば良いかといえば基本的には10%以下です。10%を超えてしまうと今度は取り返すのがむずかしくなってくるので収支を安定させるなら始めから10%以下に損切り設定をしておくと負けても取り返せると思います。

注文するときはOCOを利用すると急に上げたときや急落したときに対応できるので活用した方が良いです。他にも自動売買できる注文方法があるので大きな損失を出さないためにも最初に損切りできるように設定した方がいいと思います。

この投稿は2016年6月28日に公開されました。

バーテンダーのアルバイトを副業として、貴重な体験を。

By: urban.houstonian

副業をするのに、ただ一途に収入のことだけを考えて働くことほどつまらないものはありません。いや、これはなにもお仕事をおもしろおかしくやろう、というのではけっしてありません。でも、つまらないことより楽しい方が、生きてるって実感もできるでしょうから、どっちかと言えば、楽しい方がいいに決まってます。

楽しいことというのは、あたりまえのことですが、人それぞれ違いますね。たとえば、バーテンダーというお仕事があります。これは昔なら勤労学生さんがとくにやられている場合が多かったですね。なんか、かっこうもいいですから。

このバーテンダーのいいところと言いますと、やっぱり人と話ができることではないでしょうか。人との会話って、けっこう貴重な体験になるものです。特に中年のサラリーマンの方の酒の相手なんかは、かなり勉強になるのではないでしょうか。

それから今はものすごく流行っているようですが、ダーツバーというお店でも、このバーテンダーが活躍しています。ダーツやビリヤードは人気ですから、これが好きな方にはもってこいの副業だと言えますね。平日は普通のサラリーマンでも、週末にはとびきりのバーテンダーに。かっこいいですね。

蛇足になるかもしれませんが、ダーツバーには若い男性や女性が多いことでも有名です。ダーツをきっかけに、素敵な相手と出会える可能性もあるんじゃないでしょうか。いや、これはなにもそれを目当てにしよう、というのではないのですが、親しくなれたらそれに超したことはないな、ということなのですね。

この投稿は2016年6月13日に公開されました。

居酒屋でアルバイトをして、現代社会の実態を知る。

By: Brad.K

副業は、なにもお金だけが目的ではないのかもしれませんね。確かにこの不景気の最中にあって、お金はいらないからどうか働かせて下さい、なんて言う希少な人はいません。皆、いくらかのお金を稼ぐために、忙しい本業の他にもせっせとアルバイトをしているわけですから。

ただ、それだけじゃないのかもしれない、ということです。たとえば社会勉強として、いろんな人と出会い、話を聴いてみたい、そう考える人だって実際にいるのですから。昔の勤勉な学生さんにはそういう人が多かったような気がします。社会勉強は、これは本当に大切なものですから。

というわけで、おすすめしたい副業として上位にランクインされるのが、居酒屋関係のアルバイトなのですね。もちろん、副業としてやるのですから、希望する時間にシフトが組まれるところに限りますが。でも、こういうお仕事は、その辺の融通はきくものです。けっこう本業の他にやられている方も少なくありません。

居酒屋はレストランなどとは違いアルコールが主流ですね。だから、深夜の時給がかなり高く設定されます。それにお酒を飲んでいるお客の話に耳を傾けることは、けっこう楽しいものです。世間というものが分かるし、中年のサラリーマンの方がお客なら、社会というものも見えてくるのではないでしょうか。

これはなにも居酒屋だけじゃなくて、さまざまな飲食店でもそうなのですが、こういうお仕事にはまかないが出たりしますから、食事代が助かる場合もあります。一人暮らしの方には超ラッキーでしょうね。

この投稿は2016年6月5日に公開されました。

ファミリーレストランなどのホールや厨房での副業。

By: Shinya Suzuki

このご時世では、本業の他にも収入源を、と考える方も実に多いのですね。それは分かります。給料も賞与も、下がったり現状維持になることはあっても、なかなか上がることはないですから、他に浮気心が湧いても仕方のないことだと言えます。

それはいわゆる副業と言われているものなのですが、これにもいろいろと呼び方もございます。たとえばサイドビジネスですとか、兼業ですとか、それに最近ではWワークとも呼ばれるようになりました。その意味するところは同じことです。本業以外にす仕事のこと、なのですね。

副業と言いましても、これにはたくさんあります。ようは本業をやりながらでも、時間的にできるお仕事なのです。一番手っ取り早いのが、ファミリーレストランなどのホールや厨房ではないでしょうか。個人的には接客業のホールではなく、キッチンスタッフの方がおもしろいと思います。まあ、お客を相手にするのが好きだという方はホールスタッフがいいのでしょうが。

キッチンスタッフは、もちろんのことですが、注文を受けたお料理をつくるのがお仕事です。そこら辺のファミリーレストランでは、実に多彩なメニューがありますね。季節限定というものもあるはずです。そういう料理をマニュアル通りにつくるのですから、この技術はそのまま自分のものとなる。自宅で時間があるときにそういう料理をつくってあげたら、株も上がるのではないでしょうかね。

また、このようなファミリーレストランでのアルバイト募集は、本当に頻繁に行なわれているのです。時間だって、自分の空いている時間で相談にのってくれますから安心です。もう、メジャーなアルバイトですが、副業にも適していると言えます。

この投稿は2016年6月5日に公開されました。